被災者対象の高速道路無料化 | 東北道、常磐道、磐越道

東日本大震災の被災者らを対象とした東北地方の高速道路の無料化が平成23年6月20日から始まります。

国土交通省:東日本大震災を踏まえた高速道路の料金について

NEXCO東日本:東日本大震災に伴う東北地方の高速道路の無料措置通行方法について

◆無料対象道路
  • 東北自動車道(白河IC以北)
  • 常磐自動車道(水戸IC以北)
  • 磐越自動車道(全線)
  • その他の東北地方の自動車道全線

※対象区間のICを入口又は出口とする走行が対象です。対象地域外から高速道路に乗って対象地域内で降りる場合や、対象地域内から高速道路に乗って対象地域外で降りる場合も対象になります。
ただし無料の対象となるのは最初の料金所までです。首都高速、阪神高速など、東北地方のNEXCOと一体で料金を徴収されない高速道路は対象外です。
例えば、郡山から京都へ移動する場合、「郡山」から乗車し、東北道、磐越道、北陸道、名神高速と乗り継ぎすれば高速料金はすべて無料になります。東北道、首都高速、東名高速、名神高速と乗り継ぎする場合は、東北道の料金が無料となり、首都高速・東名高速、名神高速の料金は一般料金になります。
帰りも同様に、京都から乗車し、名神→北陸道→磐越道→東北道と走行すれば全線無料、名神→東名→首都高→東北道と走行すれば東北道のみ無料となります。

◆被災者対象の無料化について

無料となる対象者は東京電力福島第1原発事故による避難者も含み、東日本大震災で被災した方です。
地元自治体が発行する被災証明書罹災(りさい)証明書と、本人確認のため運転免許証などの身分証明書を出口料金所で提示すれば、全車種が無料になります。
適用を受けるためには一般レーンを利用します(ETCレーンは対象外になります)。入口では必ず通行券をお取りください。
出口では「被災証明書等による走行です」と係員に申し出て、罹災証明書と身分証明書を提示します。
運転者または同乗者が被災者であれば適用になります。
罹災証明書の罹災状況による制限はなく、一部損壊の方も該当します。

※罹災証明書の発行に時間を要している市町村もあるため、当面の間(7月末頃まで11月末日まで)、罹災届出証明書でも可能です。

※原発事故による避難者については、被災証明書や罹災証明書は必要ありません。警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に住所があることを証明する書面(免許証など)の提示で対象となります。

※法人に対する被災証明書・罹災証明書は対象外です。ただし、個人事業主(自営業者)に対する証明書は、証明書の申請者(被災者または罹災者)の氏名が確認できれば、無料の対象となります。

※マンションの管理組合やアパートの家主に対する被災証明書・罹災証明書は対象外です。これら集合住宅・賃貸住宅の住民の方は個人で証明書を取得してください。

対象期間:1年間(予定)

◆被災者以外の一般利用者の無料化について

復興物資などを運ぶトラックやバスなど中型車以上が無料の対象になります。
ETC(自動料金収受システム)対応が整うまでは一般レーンを利用します(ETCレーンは対象外になります)。入口では必ず通行券をお取りください。

対象期間:8月末(予定)中型車・大型車・特大車の無料措置は平成23年8月末に終了しました

◆その他情報
  • 現行のETC車両の休日上限1000円と全国50区間で実施中の無料化実験は6月20日午前0時に終了になります。
  • 青森道や秋田道、山形道の一部区間など東北地方の無料化実験区間は引き続き無料となります。
  • 休日の5割引きや平日の時間帯割引などは当面、現行通り継続されます。
  • 一般利用者の全車種での無料化が今夏または秋から実施される予定です。
  • 2011年末または来年1月頃から、被災者以外を含む一般利用者の全車種無料化が実施される予定です。一般走行とETC走行の両方が対象になります。この制度での無料区間は東北エリアのみで、無料化エリア外を走行した分については有料です。東北エリア内だけを走行する場合はETCでこの一般無料制度を利用し、東北エリア外へ走行する場合は罹災証明書を提示して被災者無料措置を利用するという使い分けがよいと思われます。新しい情報が入り次第お伝えします。2011年12月1日から新しい無料化が始まります。こちらをご覧ください。

◆詳しいことはNEXCO東日本にお問い合わせください
NEXCO 東日本お客さまセンター(24時間365日)
ナビダイヤル: 0570-024-024
PHS・IP電話からは:03-5338-7524

ザ・モール郡山店 全面営業再開 | 駐車場には料金ゲート新設

ザ・モール郡山(郡山市長者)が全館で営業を再開しました。
ザ・モール郡山は震災で大きな被害を受け、1階の食品館と一部の店舗のみで営業を続けていましたが、5/24より衣料品、本屋などが入る2階部分も営業を再開しました。
無印良品もリニューアルオープンしています。
なお、ザ・モール郡山の食品売場は、震災前は24時間営業でしたが、現在は営業時間を短縮し9:00~21:00となっています。
最新情報は、ザ・モール郡山店のホームページをご確認ください。

また、ザ・モール郡山店の駐車場に料金ゲートが新設されました。買い物をしていなくても2時間までは駐車料金無料ですので、今まで通りお気軽に車でご来店いただけます。

原発避難指示地域から緊急避難する場合は高速道路無料です

福島原発の事故により、避難指示地域から緊急避難される車両について、通行料金が無料となっています。

福島県原子力発電所事故の避難指示地域から高速道路を利用して緊急避難される皆さまへのお知らせ
http://www.e-nexco.co.jp/emc/201103251740.html

福島県内の下記の13料金所から流入される走行が対象です。

◆対象料金所(入口料金所)
 【東北自動車道】 本宮、二本松、福島西、福島飯坂、国見
 【常磐自動車道】 いわき四倉、いわき中央、いわき湯本、いわき勿来
 【磐越自動車道】 いわき三和、小野、船引三春、郡山東

◆対象期間
当面の間実施(ただし状況に応じて中止することがあります。)

◆対象車両
避難指示地域から避難する車両

・屋内退避対象地域から自主避難する車両も適用されます。
・レンタカーなどの車両でも、避難指示地域からの避難であることが証明できれば適用されます。

◆通行方法
・入口・出口は一般レーンを利用します。(ETCレーンは対象外になります)
・入口では必ず通行券をお取りください。
・出口では、係員に通行券を渡し、「原発避難指示地域からの避難車両」であることを伝えます。この際に避難指示地域からの避難であることを証明できる以下のような確認書類の提示が必要になります。
 ・免許証
 ・車検証
 ・罹災(りさい)証明書

◆その他の情報
この措置は原発避難指示地域から緊急避難する場合のみ適用されます。
しかしながら、例えば、現在一時的に避難所に避難していて、引越し先の住居が決まったために引越し用トラックをレンタルして被災地域から引越しする場合など、被災地域から他地域への避難であれば適用されるようです。
原則的に、避難指示地域から避難する1回のみ適用されます。したがって、荷物を運ぶためなどに何回も利用することはできません。

近畿地方や中国地方への避難など、NEXCO東日本以外の地域への避難の場合も適用になります。上記記載の対象料金所から乗車すれば、最初の料金所までは無料です。
例えば、いわき方面から京都へ避難する場合、「いわき三和」から乗車し、磐越道、北陸道、名神高速と乗り継ぎすれば高速料金はすべて無料になります。磐越道、東北道、首都高速、東名高速、名神高速と乗り継ぎする場合は、磐越道と東北道の料金が無料になります。

◆詳しいことはNEXCO東日本にお問い合わせください
NEXCO 東日本お客さまセンター(24時間365日)
ナビダイヤル: 0570-024-024
PHS・IP電話からは:03-5338-7524

郡山市長のブログ

福島原発の問題を受け、郡山市長 原正夫氏がブログを開設されました。

郡山市長のブログ

今後もこのブログを使って私の考えを発信し、「廃炉を前提とした対応」の動きを広めていきたいと思います。
皆さんのご協力をお願いするとともに、ご意見をお願いします。」

※現在はコメント受付が停止されているようです。(3/28)